別れを告げられた彼女と復縁できた理由

僕は、7歳年上の彼女と婚約中の28歳です。

でも去年、彼女から別れを告げられて、もうだめなのかな…とあきらめかけたことがありました。彼女はメールにも電話にも答えてくれなくなり、どん底の状態だったんです。

そこからもう一度彼女に振り向いてもらえたのには、いくつかの理由があります。このサイトでは、そんな僕の体験談をまとめました。

彼女との復縁をサポートしてくれた「復縁アドバイザー」

僕が彼女と仲直りできたのは、協力してくれた友人と「復縁アドバイザー」のおかげです。

特に、メールのやりとりで色々なアドバイスをくれた復縁アドバイザーは、僕にとってなくてはならない相談役でした。

  • 彼女はどんな気持ちで別れ話を切り出したのか
  • 関係を修復するためにやるべきこと・やってはいけないこと
  • 彼女に振り向いてもらうための自分磨きの方法
  • もう一度連絡を取り合うにはどうすればいいのか

など、教えてもらったことはいくつもあります。復縁までのプロセスを丁寧にアドバイスしていただき、気持ちを伝えるまでしっかりサポートしてもらえたんです。

<<僕がお世話になった復縁アドバイザーを紹介します>>

僕と彼女の復縁プロセス

■4月10日:彼女から別れ話が…

久しぶりのデート。お気に入りのレストランで彼女の誕生日を祝おうと思っていたのに、突然彼女から別れ話が。「あなたの気持ちがわからない」と言われてしまいました…。

■4月20日:復縁アドバイザーに相談

それからは電話はつながらないし、メールにも返信がない。共通の友人に間に入ってもらっても、やはり連絡を取ることはできませんでした。

そこで、インターネットで見つけた復縁アドバイザーに相談メールを送ることにしました。どうやったら彼女が連絡をとってくれるか、そしてまた会ってくれるか、アドバイスを受けたかったんです。

「まずはしばらく連絡をするのをやめて、冷却期間をおいてみましょう」というアドバイス。相手に気持ちの整理をつける時間をあげましょうと言われました。

■4月22日:なぜ彼女に「別れたい」と思わせてしまったのか…

どうして彼女は僕と別れたいと思ったのか、復縁アドバイザーからのメールを参考にしながら考えてみました。

たしかに会う時間が減っていたし、将来の具体的な話もしていなかったので、彼女は不安になっていたのだと思います。

■4月24日:自分磨きをスタート

「自分が変わったことをアピールしましょう」というアドバイスをいただいたので、自分磨きとしていろいろなことに取り組んでみました。

別れる前よりもオシャレで、明るい性格でいれば、次に彼女に会った時に「この人は変わったんだな」と思ってもらえるのではと考えたのです。

■5月31日:久しぶりのメール

復縁アドバイザーのアドバイスを受けて、久しぶりに彼女へメールを送ってみました。自分の気持ちを伝えるメールではなく、「家にDVD忘れていってない?」という内容のもの。気軽に応えられる質問なのがよかったのか、彼女から返信がありました

■6月18日:デートを申し込んでみた

数日に一度はメールのやりとりができるようになり、デートを申し込みました。彼女の家に置き忘れたDVDを取りに行くという名目で、「ついで」にお昼を食べる約束もしてもらえたのです。

■7月3日:デート当日

デートをするにあたって、服装や振る舞い方、そして気持ちの伝え方など、細かいところまで復縁アドバイザーに助言をしてもらいました。

この日の僕の様子が彼女の目には好ましく映ったのか、その次、またその次とデートの約束をすることができました

■7月31日:ついに復縁!

そして、3回目のデート。彼女はデート中も笑顔でいてくれるし、アドバイサーの方のGOサインも出ていたので、ついに思いを伝え、復縁を申し込みました

もう彼女の不安はなくなっていたみたいで、受け入れてもらえました。それからはずっと仲良しで、結婚の準備も進めています。このまま幸せな家庭を築きたいと思っています。

<<色々な成功例が見られる復縁アドバイザーのサイトへ>>