結婚願望がない年下の彼女

ここで紹介するのは、バツイチで一児の父親でもある33歳男性の復縁体験談です。

この男性は年下の女性と付き合っていましたが、彼女には結婚願望がなく、考えの食い違いが原因で別れを告げられてしまったとのこと。ですが、彼女の気持ちを尊重し、誠意を持って申し込むことで復縁。結婚にゴールインできたそうです。

結婚願望がない彼女との復縁レポート

●彼女が結婚を敬遠していた理由は…

年下の彼女には、もともと結婚願望があまりないことは知っていました。けれど、私には「もう一度結婚するならこの人しかいない」という気持ちが強く、会うたびに説得を続けていました。

それが彼女には重荷だったのでしょう。ある日「結婚したいとまでは思っていない、別れたい」と言われてしまったのです。

私はどうしても諦めきれず、ネットで見つけた復縁アドバイザーに相談しました。

そうして帰ってきた答えは、「仕事を大切にしている彼女は、“子どもがいる人と結婚すると、子育てに専念しなくてはならない”と不安になっているのでは?」というもの。

思い返してみると、確かに「仕事はずっと続けたい」、「専業主婦は肌に合わない」といったことを話していた気がします。私は自分の気持ちばかりを押し付けて、彼女の気持ちを全く考えていなかったのです。

●彼女の気持ちを尊重してアプローチ

反省した私は、彼女の気持ちがおさまるのを待って、少しずつ連絡を取りながらデートを重ねていきました。

そして、君が大切にしている仕事をやめさせたりはしない、二人で協力して家庭を築いていきたいと誠心誠意の告白。彼女は喜んで、私との結婚をOKしてくれました。

 誠実な努力が実った体験談

バツイチで子持ち、彼女は年下となると、条件的には厳しかったはず。ですが、相手の気持ちを尊重して一からアプローチしなおすことで、復縁に成功したケースです。
この男性は、復縁アドバイザーから助言をもらい、自分磨きにも頑張ったそう。誠実な努力が実ったというわけですね。
僕と彼女も年の差があるので、年齢差をクリアしてうまくいったカップルの話を聞くと、自分のことのように嬉しくなります。
>>復縁アドバイザーをこちらで紹介しています