ケンカ別れした彼女と復縁

ここでは、自分勝手な言動が原因で彼女に振られた男性の復縁体験談をお届けしています。

自分自身の性格は、自分が一番よくわかっているようで、意外と気づいていないことが多いものですよね。ときには周りの人から良くない言動を指摘されて、反省することも…。

体験談の男性は身勝手な自分を反省し、改めることで復縁に成功したそうです。

ケンカ別れした彼女との復縁体験談

●彼女とケンカ別れ…でも自分は悪くない

付き合いだした頃からケンカはたびたびあったのですが、このごろは回数が増えて、そのたびに気まずい雰囲気に。そんなある日、彼女から別れ話を切り出されました。

別れ際に「私は今まで言いたいことが何も言えなかった」と言われました。そのときは、言いたいこと言ってんじゃん、と思っただけで、自分が悪かったとはまったく思っていませんでした。

●復縁アドバイザーからの厳しい指摘

とはいえ、ケンカもしたけど付き合いは長く、「そのうち結婚」なんてことも考えていた彼女なので、このまま別れてしまうのは嫌でした。

そんなとき、ささいなきっかけから復縁アドバイザーのことを知り、何度か相談に乗ってもらったのです。

最初は「そんなことで復縁できるの?」と疑ってしまったり、反抗的なことを言ってしまったりしました。すぐにでも復縁したいという焦りもあったのだと思います。

そうしたら、復縁アドバイザーから「そういう自分の考えばかりを優先する身勝手さが振られた原因では?」というきつい指摘が。このときになって初めて、私自身の言動に問題があったのだと自覚したのです。

彼女があのとき「私は言いたいことが何も言えなかった」と言っていたのは、そういうことだったのかと。

●アドバイスに沿ったステップで復縁

それからは、復縁アドバイザーの助言に従って、少しずつメールで連絡するようにしました。最初は返信すらありませんでしたが、アドバイスどおりに文面を直して送ったら、彼女からときどき返事が届くように。

そうして徐々に仲直りしていって、何とか復縁することができたんです。今はあのときの失敗を繰り返さないよう、彼女の気持ちを考えて行動するようにしています。「こんなこと言ったら、前なら喧嘩になってたのにね」と彼女に茶化されるくらいです(笑)

 自分がいちばんわからない別れの原因

彼女に振られてしまった原因というのは、自分では案外わからないものです。僕もこの男性と同じ失敗をしてしまうところだったのですが、どうして振られたのかわからないまま、よりを戻そうと頑張っても、おそらくうまくはいきません。
そういうときは、客観的に状況を判断してくれる第三者に意見を求めるのが一番。この男性は、復縁アドバイザーに相談することで復縁の糸口をつかめたわけですね。
>>復縁アドバイザーをこちらで紹介しています