突然の別れ話

「いつかは結婚も…」と考えていた彼女から、突然の別れ話が…。僕とカノジョの復縁への軌跡をつづります。

5年間つきあった彼女との別れ

結婚も考えていた彼女から、別れを切り出されたのは突然のことでした。あまりにも突然でショックが大きかったのですが、今思い返してみれば彼女の気持ちもわかる気がします。

まずは、別れ話を切りだされたときのことを書いていきます。

お気に入りのフレンチレストランで誕生日プレゼントを渡すはずが…

僕は28歳、彼女は35歳。優しいけどしっかりしている彼女に恋をして、5年前から付き合い始めました。

結婚して幸せにしてあげたい。最近ではそう思い始めていたのですが、まだまだ頼りなくて「はい」と言ってもらえる自信がなく…。彼女に釣り合う男になれたらプロポーズしようと思っていたのです。そうして、2011年も3月になりました。

●3月11日

異動する同僚の送別会がありました。彼女と食事に行く予定があったのですが、急遽飲み会を開くことが決まったので、彼女には延期にさせてもらいました。

電話で謝ったとき、なんとなく寂しそうな声だったと今では思います。

●4月5日

この日は彼女の誕生日。でも、お互いに仕事が忙しくて会えないのはわかっていたので、予定は作っていませんでした。

メールでお祝いのメッセージを送りましたが、なんとなく素っ気ない返事。今思い返すと、これも一つの原因だったように思います。

●4月9日

「明日、会えない?」と彼女からメール。いつもの気さくなメールと違って、なんだか深刻そうな文面に心配になり、予定を調整しました。

いつも通り、19時に待ち合わせの約束。ついでに数日遅れの誕生日のお祝いができればいいかな、なんて気楽に思っていたのですが…。

●4月10日

時間どおりに、彼女お気に入りのフレンチレストランへ。

乾杯をして、誕生日プレゼントを渡そうと思っていたのですが、それをさえぎるように彼女が話を切り出しました。

「私たちいつまでこのままなの? もうあなたの気持ちがわからなくなった。こんな気持ちのままじゃもう会えない」

僕はあわてて、結婚を考えていることを伝えてフォローをしました。でも、後の祭り。彼女にはそれを信じることができなかったようです。僕たちは、こうして別れてしまいました。